国境なき薬局 Pharmacie Sans Frontieres Pharmacy Without Borders
国境なき薬局とは What is Pharmacy Without Borders ?
医療品アクセスの現状 The current issues of the Access to Medicines
医療品アクセスの向上がキーに Improving Access To Medicines is a Key to Economic Growth in Developing Countries and whole world
国境なき薬局の取り組み The Action of Pharmacy Without Borders
世界が抱える問題 The Current Issue In The World

世界が抱える課題 The Current Issue In The World

グローバルヘルスとは?

地球規模での「保健医療問題」および、その解決方法を探ることを指します。開発途上国、先進国を問わず、国境を越えて健康格差を改めようとする考え方です。グローバルヘルス問題は多岐にわたり、きわめて大きな問題として、以下のようなものが挙げられます。

This is an attempt to explore health and medical problems and their solutions on a global scale. It aims to reduce the health gap among countries, including both developing and developed nations. While “global health” covers a wide range of issues, the following are the most significant:

母子保健問題

開発途上国では、貧困や医療体制の不備などから妊産婦や乳幼児の死亡率が非常に高く、大きな問題となっていま す。これは開発途上国での平均寿命の低さの原因でもあり、早急に解決すべき課題の一つです。2000年に21世紀の国際社会の目標として設定された「国際ミレニアム開発目標(以下MDGs)」では、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減などが目標に掲げられています。

In developing countries, mortality rates for pregnant women and infants remain extremely high due to poverty and weak health and/or medical systems, posing a major social problem. One issue that demands an urgent solution is the cause of short average life expectancies in developing countries. The Millennium Development Goals(MDGs), set out in 2000 as goals for the international community in the 21st century, include reducing the mortality rates of infants and pregnant women.

栄養不足問題

「世界食料不安白書(国連食糧農業機関)」によると、2008年時点で、世界人口の約8人に1人が、慢性的な栄養不 足状態にあると推定されています。栄養不足人口の大半は開発途上国の人々で、サハラ以南アフリカ諸国では、いまだ に栄養不足人口が増加しつづけています。栄養不足が原因で5歳未満の1億人以上の子供が低体重児となり、毎年250万 人が死亡していると言われています。MDGsでは、2015年までに飢餓に苦しむ人口の割合を、1990年の半数に減少さ せる、という目標が掲げられています。

According to The State of Food Insecurity in the World 2012 compiled by the Food and Agriculture Organization of the United Nations(FAO), in 2008 one out of eight people suffered from chronic malnutrition. The vast majority of these people live in developing countries, and malnutrition continues to grow in sub-Saharan Africa even today. Malnutrition has been a major cause of over 100 million children under five years being underweight, with some 2.5 million of that number dying prematurely every year. The MDG for malnutrition is to reduce the percentage of the population suffering from hunger to 50% of the 1990 figure by 2015.

感染症の蔓延

世界で合計約350万人(2012年時点)もの年間死亡者がいるマラリア、HIV/AIDS、結核の「三大感染症」の制圧 も、緊急度の高い課題の一つです。これらも開発途上国の多くで蔓延しており、貧困により薬や医療サービスを受けら れない人々が多くいるため、さらなる蔓延を招いています。MDGsでは、2015年までに三大感染症の蔓延を食い止め、 その後減少させるなどの目標が掲げられています。

One issue of the utmost urgency is the control of the three most prominent infectious diseases: HIV/AIDS, malaria, and tuberculosis. Statistics show that 3.5 million people worldwide(as of 2012)die from one of these three diseases every year. This creates an epidemic in many developing countries where people do not receive proper medicines or medical care due to poverty, resulting in these diseases spreading further. The MDG in this area is to arrest the spread of these diseases by 2015 and consequently reduce the number of the infected population.

グローバルヘルス(Global Health)とは、グローバルレベルで人々の健康に影響を与える課題に対して、その課題解決のためにグローバルな協力や連携が必要な領域のことを指します。従来は、International Healthと呼ばれており、援助を行う側(援助国)と援助を受ける側(援助受益国)との間、つまり「二国間 = International」という文脈の中で、開発途上国の感染症や母子保健、プライマリヘルスケアなどの公衆衛生の課題を解決するかが議論の中心でした。グローバルヘルスと呼ばれるようになったのは近年になってからで、急速にグローバリゼーションが進む中、SARSや新型インフルエンザなどに代表される国境を越えた様々な疾患が世界的課題となり、従来のように一国だけ、二国間だけでは対処することが難しくなり、国際社会全体で対策を講じなければならなくなってきました。特にHIV、結核、マラリアの三大感染症は2000年前後から、最も重要なグローバルヘルスの課題として国際社会が取り組んできており、国連が定めるミレニアム開発目標(UN MDGs)や、国連持続開発目標(UN SDGs)にも国際社会が共に解決すべき課題として取り上げられています。【参考】今日では、気候変動、精神疾患、ユニバーサルヘルスケアカバレッジ、非感染症なども、世界共通の公衆衛生の重要な課題として捉えられるようになり、広義の意味でもグローバルヘルスのアジェンダとして扱われる機会が増えています。

GLOBAL HEALTH